OFF-GRID TEST SITE

OFF-GRID TEST SITE

トライポッド・デザインは 1987 年の創設以来、いち早くサステナブルデザインやユニバーサルデザインの考え方に着目し、人や自然を科学的に洞察する独自のデザインエンジニアリングの技術を探究して参りました。2016 年以降、無電環境の中で活用できる独自の超小集電技術の開発に着手し、2021 年には超小集電技術の社会実装を目指したオフグリッドデザインとテクノロジーの実験棟「空庵」を建造開設し、超小集電技術による新たな環境エネルギー領域の可能性開拓にあたっています。

CCC TEST SPACE -KU-AN-

超小集電の持続性を中心とした社会実装に向けて、集電実験棟「空庵 KU-AN」を開発しました。コンダクトコンテナの開発や、チャージコントローラシステムの開発など、オフグリッドにおける長時間の安定した生活電力を供給できるテクノロジー開発に寄与できる研究を実践するCCC TEST SPACEとなっております。

( CCC : Continuous Current Collection の略称 )

超小集電は暮らせるデンキへ

KU-ANは超小集電を暮らしに取り入れるために実践する場としても活用されています。