ABOUT US

ABOUT US

デザインに科学の視点を

SCIENCE OF DESIGN

トライポッド・デザインは1987年の創設以来、常にデザインの開発過程に科学的考察を取り入れてきました。
その対象となって来たテーマは時には人間工学であり,ある時は感性工学と言ったデザインのテクノロジーを支えるエンジニアリングそのものであったといえます。その発想は現在まで進化を続け、2005年からは独自の予測感性工学理論であるEXPECTOLOGY(期待学)理論、2010年からは全く新しいデザイン領域である人間の感覚とセンシングテクノロジーを結びつける革新的なSUPER SENSING DESIGNの研究開発に着手しています。

Since its establishment in 1987, tripod design Co., Ltd. has consistently adopted a scientific approach to the process of developing designs. Themes are many and varied. Sometimes the object of our attention is human engineering (ergonomics). At other times it may be kansei engineering (also called emotional or affective engineering). Both of these disciplines are the very engineering that supports the technology of design.
This vision has continually evolved over the years. In 2005 we began work on Expectology, our original theory of predictive kansei engineering. Since 2010 we have been involved in research and development in Super Sensing Design, a revolutionary approach that marries the five human senses with sensing technologies, creating a radically new field of design.

expectology

EXPECTOLOGY期待学

期待学は作り手と使い手の期待較差を洞察し正当化します。
作り手や企業は市場に発表された自らの製品が多くのコンシューマーに「期待以上」の印象を持たれる事を心密かに望んでいます。
一方でコンシューマーに受容される事を念頭に作り出された製品の多くは「期待以上」では無く「期待通り」の印象に留まる事も多々あります。
EXPECTOLOGY(期待学)はtripod design の創設者である中川聰が2009年にそれまでのユニバーサルデザインにおける使いにくさの研究領域を「使いたい」心理という領域まで広げる事を目的に予測感性工学の研究とともに発想した全く新しい脳科学とデザインの関係に注目したデザインメソッドです。tripod design が多くの企業参加のもとで定期的に開設して来た期待学研究会では各国の感性工学の研究者やデザイナーがその開発プロセスにおける期待と不安、感動や失望について多くの示唆や提言を披露して来ました。
現在、期待学研究会ではセンサのテクノロジーとセンシングデザインに依る研究と開発が大きなテーマとして取り組まれています。

When companies and other producers release their products on the market, their deepest desire is that those products exceed the expectations of large numbers of consumers. Unfortunately, however keenly their developers may wish for widespread product acceptance, in most cases consumers feel the products are what they expected and nothing more. Expectology is a design method created by the founder of tripod design, Satoshi Nakagawa, in 2009. This radically new design method, conceived alongside research into predictive kansei engineering, focuses on the relationship between design and neuroscience. Its aim is to broaden research in UD from the question of what makes things difficult to use to the psychological question of how to create things that people will want to use.
We host regular seminars on Expectology, with numerous companies participating. At these events, researchers and designers in kansei engineering from around the world present a wide range of ideas and proposals, discussing the expectations, uncertainties, moments of elation and moments of despair that occur in the development process. Currently a major theme in these Expectology seminars is the subject of research and development combining sensor technology and sensing design.

supersensing

SUPER SENSING DESIGN

五感とセンサ・テクノロジーを統合化するデザイン

Design that integrates sensor technology with the five human senses

私たちは五感を駆使して日々の生活を営んでいます。一方で高度の発達したクラウド社会とその感性領域を担うセンサ・テクノロジーは急速に発達し,私たちの目に映らない領域で私たちの暮らしの情報基盤を支えていると言えます。2010年、tripod design の主宰者である中川聰は現代のセンサ・テクノロジーの急速な進化と私たち人間が古くから有する感覚器官と脳における解釈のメカニズムに注目して、全く新しい視座からのデザインメソッドの開発に着手し始めました。SUPER SENSINGは今まで私たちが有して来た感覚器官の対象と領域を大きく変化させる考え方です。スーパーセンシングの考え方においては先端のセンサ技術が私たちの感覚の領域や記憶等指向領域までを拡張して行くという考え方に立脚しています。私たち人類以外の生命体の有する感覚や思考,記憶や予測のメカニズムが様ざまな生命体の脳の生態解明とともに進んで行く時、私たちのデザインと言う行為にすら新しい科学のメスが入る可能性があります。
tripod design では世界に先行して様ざまな産業に於けるセンシングのデザインとテクノロジーの有用性と可能性に着目し、新たなセンシング・デザインという産業価値創造に向けた実践的な開発と研究を行っています。

Our five senses enable us to manage the tasks of day-to-day living. Meanwhile, sensor technology, which manages the advanced “cloud society” and its sensory domain, is developing rapidly, supporting our everyday lives with a base of knowledge beyond what our unaided eyes can reveal to us. In 2010 Satoshi Nakagawa began remarking on today’s rapid progress in sensor technology and the mechanisms by which stimuli are interpreted in the sensory organs and brain with which we have always been equipped. As a result of these inquiries, Nakagawa embarked on the development of a design method informed by a radically new outlook.
Super Sensing is an approach that dramatically changes the domains in which our sensory organs operate and the objects on which they focus. In the Super-Sensing paradigm, advanced sensor technologies expand the realms into which our senses can reach and the fields in which they record. Our design activities evolve along with scientific research into the senses of living things other than humans, and the mechanisms by which the brains of other creatures’ sense, think, record and predict. As they do so, we expect to discover new scientific tools with which to pursue our design inquiries.
We, tripod design are the first to focus on the usefulness and possibilities of sensing design and technologies in a wide range of industries. In so doing we are working to develop practical solutions that create value for industry in the form of new sensing designs.

Satoshi Nakagawa

中川聰(なかがわ さとし)


プロダクトデザイナー/デザイン・エンジニア/デザインコンサルタント
トライポッド・デザイン株式会社CEO
国立大学法人東海国立大学機構 名古屋大学医学部 客員教授(2020年〜)
元東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻特任教授(〜2018年)


1987年よりリード・ユーザーを駆使した独自のユニバーサルデザインの開発理論や評価法を構築し、広く内外の企業の製品企画やデザイン開発に携わる。2005年からユーザーの行動心理に注目したデザインの開発プロセスを研究する中で、購買や使用動機につながる「期待感」に着目。製品や、サービスに対する様々な使い手の不安や期待感について期待学という概念を形成し、本格的な調査研究に入る。その後2007年には「EXPECTOLOGY(期待学)」という予測感性デザインの考え方を確立し、新たなデザイン理論として発表。2008年からは実際の製品開発やサービスの計画の中に期待学の理論を導入したプロジェクトに関わり、多くのデザイン工学的発見に寄与する。2010年にはそうした研究の成果をまとめた国際シンポジウム「期待学の思想と実践」を東京大学安田講堂で開催し、多くのデザイン理論研究者に注目される。同年開催された国際設計工学会や世界デザイン会議において正式に理論発表。現在その思想と理念をまとめたデザイン理論の執筆に当たる傍ら、東京大学で新たな研究講座を立ち上げ実践的研究の深耕に着手する計画になっている。一方では2010年から企業参加型の研究会「期待学研究会」を主宰し、現在も100社を超える参加企業の関心を集めている。2015年よりセンサとセンシングの新しい概念「SUPER SENSING」を構築し、活動を進めている。

Satoshi Nakagawa

Product Designer, Design Engineer,Consultant.
CEO of tripod design Co,.ltd

Satoshi Nakagawa is a pioneer of Universal Design in Asia From 2000 he have established original theory, “Expectology”, which focusing user’s expectation, and from 2008 he started project to apply that method for actual
product development and service plan.
From 2010 he started to organize participatory seminar, “Expectology” for companies. The member companies are still counts for over hundreds. Integrating the methods of
Universal Design and Expectology, from 2011 started new concept of sensor and sensing, “SUPER SENSING”.